●ゲームデータ
名称 彼女が野球部の性処理マネージャーに… 〜体育会系セックスで寝取られて〜 CGモード 有り
ブランド ピンポイント 回想モード 有り
定価 2,700円(税込) 音楽鑑賞モード 無し
公式ジャンル 野球部マネージャー寝取られ青春劇AVG アナルモザイク 無し
俺的ジャンル NTRゲー 原画家 蛹虎次郎
容量 1.8GB シナリオライター OZ
音声 ヒロインフルボイス おすすめ度 5.9
●雑感
  概ね同ブランドらしい作品で、NTR作品としてもほぼ王道な作品作りが出来ていますが、
  CG流用が少なくはなく、価格比でややCGが少なめになってしまっているのが欠点かな。
  「低価格帯でNTR作品をプレイしたい」と思う方には悪くない作品、といえるでしょうか。

  さて、まずはキャラ紹介から。 価格帯またはジャンル的に(?)、ヒロインは一人です。
  立花凉太 : 主人公。 甲子園に出場する為に、懸命に練習する野球部のピッチャー。
  マネージャーであるヒロインとは数ヶ月前から付き合っているが、周りには隠している。
  (伝統的に野球部は規則が厳しく、本来男女交際は禁止されており、バレたら退部。)
  姫川美咲 : ヒロイン。 野球部のマネージャー。 明るく元気で献身的な性格の為、
  野球部員たちから好かれている。 が、同時に肉付きのよいエロい身体をしている為、
  野球部員たちから性的な目で見られている。 恋人の主人公とは、まだキス止まり。
  郷田勲 : 寝取り男1。 元プロ野球選手で、野球の名門校を渡り歩く名監督でもあり、
  その権力も強い。 現役を退いてはいるが、非常に男らしく逞しい体つきをしている。
  小堀文夫 : 寝取り男2。 野球部の後輩。 大変調子の良い性格で、主人公曰く、
  「太鼓持ち」。 他の野球部員の例に漏れず、美咲のことをエロい目で見ている。

  @ 展開的には、ほぼ王道のNTR作品。
  作中冒頭、実は隠れて付き合っている主人公とヒロインは、周囲の目を気にしながらも
  イチャイチャします。 でもそれを、監督である郷田に見つかってしまいます。 郷田は、
  秘密にして欲しかったらお前の身体を差し出せ、と美咲に言います。 主人公の夢を
  台無しにしたくない美咲はそれを拒否することができず、監督に従ってしまうのでした。
  という感じでお話が始まります。 NTRゲー愛好家(?)の諸氏であれば、読まなくても
  内容が想像できそうですね。 っていうか、実際俺自身がそうで、読み手の想像通りに
  お話が進んでいく様はそれはそれで面白かったかも? エンディングは分岐しますが、
  最後まで(主人公があまり気づかないタイプの)”王道NTR”って感じで良かったですね。
  ちなみにエンディングは、郷田ENDでは主人公がNTRに最後まで気づかずに終わり
  小堀ENDでは最後の最後で主人公にNTRをバラし、”主人公絶望”が描かれます。
  この二つのエンディングの対比は、低価格作品ながら良く出来ていると思いました。
  (どちらも、NTRゲーのエンディングとして納得できるモノだったし、”珠玉”でしたね。)

  A ピンポイント恒例の過激なエロシーン。
  同ブランド作品を好む方には説明せずとも分かるかと思いますが、同ブランド恒例です。
  ヒロインが感じ始めるのが早く、過激なエロボイス(CVあかしゆき嬢)が満載です。
  (じっくりと落としたい方には向きませんが、まあ低価格ということもありますしね。)
  こんな台詞が頻出しますので、逆に(?)苦手と感じる方は購入をご一考下さいませ。
  「おううううううぅぅぅッ! おぐぅッ! 
   はぁッゆッ許してぇッそッそこッヤバイッヤバイのぉっ!
   ひッひぃッいッイぐッ! い、いぐっ、いぐ、いぎゅうっ!」(監督とのSEX中)
  「んべぇッはべぇえええッ! んぶっぶぅッはぁあッ▼
   ひゃべぇっ、んちゅべろぉっれろべろぉお〜〜〜ッ▼
   ずぢゅるるぅッ! ぢゅべろぉッれろッれろぉおッ!」(ベロチューのCV)
  (↑の「▼」は、作中では「ハートマーク」になっておりますので、あしからず。)
  アヘCV(?)に定評ある、あかしゆき嬢ですので、実際のCVは↑これを読むよりも
  ひどい(←褒め言葉)感じと思っていただいてよいかなと。 同ブランドの恒例の、
  こういう表現が頻出するエロシーンを楽しみたい方には、おすすめ出来る作品です。

  B ちょっとCG流用が多いかな?
  CG14枚(差分抜き)、シーン回想16シーン。 差分が多いのも事実ではありますが、
  ちょっと価格比だとややCG枚数が少ない感は拭えないかと。 というのも、↑で
  書いたように、(特に前半〜中盤で)CG流用が多い。 なので、そこで不満を感じる方は
  いるかもしれません。 @で書いたようにエンド分岐もあり、お話的には低価格作品として
  ボリューム不足を感じるモノではなかったので、CG流用が多かったのはちょい残念。
  エロシーンの長さも、割とシーンによって差がありますが、平均的には抜きゲー標準
  くらいなので、(Aの過激さが気にならなければ)十分実用に足る作品といえるかと。

  こんな感じで。 Bがやや残念ではありましたが、総合的には”低価格の王道NTR”
  といった印象で、個人的にはそれなりに満足できました。 低価格でもありますし、
  何かしら惹かれる要素があるのならば、買って損することはないのではないかなと。
  後、NTR作品のレビューとなると、何だか筆がのってしまうことの多い俺は病気だと思う。

  結論 : 「低価格の王道NTR。(過激さ割り増し)」




  レビューページにもWEB拍手を設置しています。 ご意見や叱咤激励罵詈雑言などなど、
  管理人に言いたいことがあったりする方は、気軽に押していただけるといいなと思います。
               


                     戻る

inserted by FC2 system