●ゲームデータ
名称 しごカレ 〜エッチな女子大生とドキ×2ラブレッスン!!〜 CGモード 有り
ブランド アトリエかぐや BARE&BUNNY 回想モード 有り
定価 9,504円(税込) 音楽鑑賞モード 有り
公式ジャンル 女子大生のお姉さんが個人授業してくれるAVG アナルモザイク 無し
俺的ジャンル 抜きゲー 原画家 choco chip、猫森にゃんた
容量 3.1GB シナリオライター 近江達裕、風間ぼなんざ、
須永成人
音声 ヒロインフルボイス おすすめ度 5.9
●雑感
  ”いつものかぐや”を求めるとするならば、小さくないマイナス点があるといえます。
  choco chip女史のエロい絵とエロシーンのエロさは健在なので、やや残念かな、と。

  細かいことは後ほど書くとして、まずはいつも通りキャラ紹介から書きますね。
  周防秋良 : 主人公。 重病から奇跡的に快復した学生。 その病気の後遺症から、
  心身機能が低下しており、いまいち覇気がなく無気力な状態に陥っている。
  復学試験に合格するために、女子大生の家庭教師たちと協力していくことになる。
  竹見佳純 : ヒロイン。 教師を目指して教育学科に通っているJD。 巨乳〜爆乳。
  教師を目指しているだけあって(?)、優しく面倒見の良い性格。 金髪ロング。
  七条百香 : ヒロイン。 美術学科に通うJD。 ちょっと変わった性格。 巨乳〜爆乳。
  やや尊大な話し方をすることもあるが、別に偉そうに振る舞っているわけではない。
  瀧河汐梨 : ヒロイン。 スポーツ学科に通っている、体育会系のJD。 巨乳〜爆乳。
  体育会系のノリが強く、困っている人を見ると放っておけない、やや押しの強い性格。
  竹見依里子 : サブヒロイン。 佳純の妹で、姉のことが大好き。 やや巨乳。
  周防紅伽 : サブヒロイン。 主人公の妹で、主人公の所によく押しかける。 やや巨乳。

  最近(というか復帰以降?)のchoco chip作品恒例ではありますが、キャラ構成が
  巨乳(むしろ爆乳?)に寄っています。 特に、一枚絵は立ち絵よりも一段と乳が大きく
  見えるようになっていますので、オパーイ星人垂涎(≒貧乳スキーは要注意)といえます。

  @ 迫力を感じる、choco chip女史の描くエロいCG。
  まずは評価すべきところから書きます。 以前からエロさには定評あるchoco chip女史の
  エロ絵ですが、特に復帰以降の迫力あるCGの構図は特筆モノだと思っています。
  復帰以前(Berkshire Yorkshire時代)も元々安定したエロさを誇っていましたが、
  復帰以降はそれに加えて、迫力を感じさせるCGが増えており、同女史の実力が衰えて
  いない(むしろ高まっている?)ことを感じましたし、本作ではそれを改めて実感しました。
  いわゆる”絵買い”は損をしないと思いますし、積極的に推奨できるレベルでしょう。

  A システムめんどくせえ。
  や、ごめん、ド直球だけど↑これ。 正直、本作はいつものかぐやスタッフが作ったのか?
  と思ってしまうくらいに、”お手軽抜きゲー”としての部分を阻害してしまっている。
  まず、一点目として、MAP移動でヒロインと会った後の会話イベントで、選択肢があり、
  その選択肢で主人公のパラメータが上下します。(っていうかそもそも選択肢が多い。)
  さらに、二点目として、エロシーン直前にイベントが発生し、そこである程度正しく、
  また順序良く選択肢を選ばないと、何とエロシーンがキャンセルされてしまいます。
  (「話す」「課題をする」「見つめる」「近づく」の中から、複数回選択する形です。)
  はっきりいいましょう。 ”抜きゲー”として本作を楽しみたいと思うのであれば、
  積極的に攻略サイトを見るべきです。 自力攻略を狙うと、途中途中で抜く気持ちが
  遮られるでしょう。 正直、何故”お手軽抜きゲー”として作れなかったのか疑問です。

  B シナリオもやや冗長なところあり。
  重い、とまではいいませんが、シナリオもやや冗長なところがあり、?ってなります。
  正直なー、何だか抜きゲーのロジックで作れていない気がしてならないんだよなー。
  エロシーンだけ切り取ると、”いつものかぐや(≒いつものエロさ)”に仕上がっているのは
  間違いないのですが、そこに至るまでの過程がぶっちゃけ微妙だな、っていうのが本作。
  確かに、”マンネリ感”を覚えることも少なくはないかぐや作品ではありますが、
  そういう、抜きゲーの本質から乖離した形での、テコ入れは求めてないと思うんよ。

  C ボリュームは普通くらい。
  CG80枚(差分抜き)、シーン回想53シーン。 まあ、可もなく不可もなく、というレベルか。
  エロシーンの尺も抜きゲー標準くらいなので、不満は出ないレベルといえるでしょう。
  (フ○ラ音を筆頭に、エロCVのエロさは相変わらずで、流石かぐや、といえますね。)
  ヒロインは3人と少なめではありますが、各ヒロイン(サブの2人は除く)にエンディングが
  2つ用意されていますので、エロシーンを抜きにしてもそこまでボリューム不足は感じない
  でしょう。 ただ本作は、ハーレムイベントが少なかったのは、微妙だったかな、と。

  こんな感じで。 や、まあ、エロいのは間違いない。 A、Bの欠点をどう感じるかが
  本作の評価の高低に直結するでしょう。 正直、少なからぬ煩わしさを感じた点です。
  展開やエロシーンは、いつものかぐやの年上モノ、という感じになっていましたので、
  ”抜きゲー”として見ると、煩わしいシステムをどこまで許容できるか、といったところ?

  結論 : 「エロい年上モノ。 でもシステムめんどくせえ。」




  レビューページにもWEB拍手を設置しています。 ご意見や叱咤激励罵詈雑言などなど、
  管理人に言いたいことがあったりする方は、気軽に押していただけるといいなと思います。
               


                     戻る

inserted by FC2 system